中古車を選ぶ際に注意したい点について

中古車を購入する際には、新車を購入するのとは違った配慮が必要になります。

その理由の一つは、新車の場合は不具合があっても保証で何とかなりますが、中古車の場合は基本的にその状態での取引となりますので、販売店が独自に保証などを用意していない限り、特に保証を受けることはありません。そのため、しっかりと状態をチェックして選ぶ必要があります。走行距離は、メンテナンスがこれから必要になる可能性を判断するうえで確実に見ておく必要があります。また、ボディーの外装の傷み具合、エンジンの始動のしやすさ、走行時の振動といったことは確認してきたいところです。

走行時の振動については、試乗をすることができなければ確認できないため、試乗ができるお店を選ぶのがベストです。ただし、中古車の市場ができるケースは意外にも少ないです。新車の場合はそれ専用の車を用意していますが、中古車の場合は現物限りです。それが影響します。

まず、車検が切れている場合は、公道を走らせることができません。そのため、このケースは確実に試乗できません。また、在庫として並べている車は、販売前の時点では十分にメンテナンスがなされていないことがあります。そして、これらは保険の対象外となっているケースも多いです。そのため、市場ができないというパターンが多くなっています。ただし、ゼロではありませんので、興味がある車があれば販売店に聞いてみることをおすすめします。

タグ:

返信を残す

必須項目には印がついています*